/ トップページ / 公開講演会 /

日本物理学会名古屋支部 公開講演会 「物理学とは何だろうか」シリーズ

現代社会に深く関わり合っている物理学について、その最先端の研究現場の状況を中学生・高校生・大学生や一般市民に分かりやすく解説する。

<2021年度1回目>

「計算物理学への誘い」

講演

「コンピュータで解き明かすプラズマと固体の界面現象」
伊藤 篤史 (自然科学研究機構 核融合科学研究所 准教授)

「病気に関連するタンパク質に計算物理学で迫る」
奥村 久士 (自然科学研究機構 生命創成探究センター/       分子科学研究所 准教授)

 

 

日時 2021年11月6日(土) 午後1時ー3時
開催方法 Zoomによるオンライン開催(先着300名まで参加可)
参加登録 ポスター内のURLまたはQRコードから事前登録
参加対象 中学生以上の一般市民の方々
参加費 無料
主催 日本物理学会名古屋支部
後援 愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・岐阜県教育委員会・三重県教育委員会

<2021年度2回目>

「物性物理学への誘い」

講演

「新しい超伝導体を求めて」
片山 尚幸 (名古屋大学 大学院工学研究科 応用物理学専攻       准教授)

「物質中を永久に流れ続ける電流の謎に迫る」
小林 晃人 (名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻       准教授)

 

 

日時 2021年12月4日(土) 午後2時ー4時
開催方法 Zoomによるオンライン開催(先着300名まで参加可)
参加登録 ポスター内のURLまたはQRコードから事前登録
参加対象 中学生以上の一般市民の方々
参加費 無料
主催 日本物理学会名古屋支部
後援 愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・岐阜県教育委員会・三重県教育委員会

過去の講演会